さまざまなメリットがある

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは家電の一つで、温度調節機能があるので、水が入ったボトルをセットするといつでも冷水や温水を使えます。温水を料理に使えば、温める時間が短縮できて料理の時短になりますし、暑い夏にはいつでも冷たい水を飲むことができます。都市部では水を購入する人も多いですが、ペットボトルではお店から運ぶのも大変です。しかし、ウォーターサーバーは、宅配業者が届けてくれるので、自分で水を運ぶ必要がありません。新たに家電を追加すると電気代が気になる人もいるでしょう。家電の一つなので電気代はかかりますが、一般的な家電と同じくらいの電気料金です。また、最近の本体は省エネ化が進んでいるので、電気ポットや冷蔵庫などよりも電気代を抑えることができる商品もあります。

事前に知っておくべきこと

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーといっても、メーカーによって機能やデザイン、サービスに違いがあります。また、想像したような機能がついていないこともあり、事前にどのような違いがあるかを理解していないとあとで別のメーカーの方が良かったと後悔するかもしれません。まず確認して欲しいのが水の注ぎ方です。タイプは、ボタンを押せば出るタイプ、レーバータイプ、つまみ式に別けられます。どのタイプが良いかは好みですが、できるだけ片手で操作できるようなサーバーを選んだほうが便利です。温水は一般的に80度くらいに設定されています。そのため、カップ麺などを作るときには温度が低いので上手く作れないこともあります。その他にも、レンタルをするのか、それとも購入するのか、家族の人数に対して水の量が適量かなども事前に確認すると良いでしょう。

使っている状況を想像しよう

ウォーターサーバー

いろいろなメーカーのウォーターサーバーを比較しても、結局どれを選んだらいいのか決められない人もいるでしょう。そんな人は、使っている状況を想像することが大切です。本体のサイズをよく確認して、家のどこに設置するのかを決めます。そして、カラーも決めたら、本体が設置されていることを想像してみましょう。このことで、実際に設置して部屋の雰囲気に合わなかったということも避けられるでしょう。また、設置したことを想像することで、商品が届いたのは良いけど、適切な設置場所がなかったということも避けられます。小さな子供がいる場合には、子供がいたずらできないかもチェックします。手が届くような商品でも、チャイルドロック機能などがついていれば安心です。機能がいろいろあれば便利ですが、実際に使うことを想像することで、あまり使わない不要な機能も確認できるでしょう。せっかく利用するのですから、商品が届いてから後悔しないような商品選びをすることが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3